レトロゲームの説明書保管庫

所持しているゲームの説明書を気ままに載せていきます。

ファミコン

『MOTHER』1989年/ファミコン

『MOTHER』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/RPG/任天堂株式会社 時代を経て多数の作品に影響を及ぼしているという意味では「真のカルト作品」であろう。 「エンディングまで、泣くんじゃない」というキャッチコピー(これは糸井重里の手によるものでは…

『ウルトラマン2 出撃科特隊!!』1987年/ディスクシステム

『ウルトラマン2 出撃科特隊!!』 1987年発売/ファミリーコンピュータディスクシステム/シミュレーション/株式会社バンダイ サブタイトル通り、科特隊の活躍に焦点を当てたゲーム。ジャンル分類が難しいが、アクション要素の強いリアルタイムストラテジー……

『じゃじゃ丸撃魔伝 幻の金魔城』1990年/ファミコン

『じゃじゃ丸撃魔伝 幻の金魔城』 1990年発売/ファミリーコンピュータ/アクションRPG/株式会社 4作目にしてアクションRPGとなった『じゃじゃ丸くん』シリーズ。グラフィックやBGM、数々の忍者アイテムや術などは和の雰囲気がよく出ていて良好。一方で謎解…

『魔鐘』1986年/ファミコン

『魔鐘』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクションRPG/アイレム販売株式会社 魔物を集めるという7つの鐘を破壊し、国に平和を取り戻すためマイヤー王子が今旅立つ! というお話。ゲーム内容自体は「不親切なゼルダ」といった感じで、パスワードで再…

『桃太郎電鉄』1988年/ファミコン

『桃太郎電鉄』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/ボードゲーム/株式会社ハドソンソフト 今や元ネタであるRPG『桃太郎伝説』よりも知名度・作品数で勝る大ヒットシリーズとなったボードゲームの第1作。1年が春夏秋冬の4フェイズのみ、貧乏神がいない、…

『ワイルドガンマン』1984年/ファミコン

『ワイルドガンマン』 1984年発売/ファミリーコンピュータ/シューティング/任天堂株式会社 「光線銃シリーズ」対応ソフト第1弾で、実はアーケード版のアレンジ移植。光線銃同梱版のほか、パッケージも銀色の箱、紫色の箱の2パターンが出ていて銀箱の方が…

『新人類』1987年/ファミコン

『新人類』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/リコーエレメックス株式会社 ハドソン開発のアクション味の強い縦スクロールシューティング。原始人の主人公が隠しアイテムを取ると長州力に変身する、というまったく意味のわからない要素がウ…

『かぐや姫伝説』1988年/ファミコン

『かぐや姫伝説』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/アドベンチャー/ビクター音楽産業株式会社 ギャグと下ネタに満ちたおとぎ話アドベンチャー。原作はPC版『新竹取物語』で、コマンド打ち込み式だったのが普通のコマンド選択型になっている。 テキスト…

『レイラ』1986年/ファミコン

『レイラ』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/デービーソフト株式会社 ファミコン最初期のギャルゲー。美少女2人組がバズーカだのマシンガンだのをぶっ放して大暴れ! かと思いきや、レイラの相棒のイリスはほとんど敵に囚われっぱなしなの…

『田代まさしのプリンセスがいっぱい』1989年/ファミコン

『田代まさしのプリンセスがいっぱい』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社エピック・ソニーレコード 王子様になった田代まさしが、プリンセス(公募で選ばれた女児)たちを救出するためにヨーヨーをブン投げながら進む横スクロール…

『星をみるひと』1987年/ファミコン

『星をみるひと』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/RPG/株式会社ホット・ビィ デタラメな戦闘バランスと不親切過ぎる謎解きで、凶悪な難易度を誇る伝説のRPG。なんとNintendo Switchに移植版が出ているが、「パスワードが長すぎる」→「クイックセーブ…

『ファミコンジャンプⅡ 最強の7人』1991年/ファミコン

『ファミコンジャンプⅡ 最強の7人』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/RPG/株式会社バンダイ 創刊号のドマイナー作品まで網羅し、世界観のカオスさがある意味で週刊漫画誌っぽかった前作と比べると登場キャラ、ゲームシステム共にずいぶん真っ当という…

『水島新司の大甲子園』1990年/ファミコン

『水島新司の大甲子園』 1990年発売/ファミリーコンピュータ/スポーツ/株式会社カプコン コマンド選択方式で試合が進む、シミュレーション要素の強い野球ゲーム。一歩間違えば大駄作になりそうなリスキーなシステムだが、『ドカベン』『大甲子園』で活躍…

『ゾイド2 ゼネバスの逆襲』1989年/ファミコン

『ゾイド2 ゼネバスの逆襲』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/RPG/東芝EMI株式会社 シナリオ担当は「ゾイドバトルストーリー」の著者、窪内裕。ゾイドという概念自体を捉え損ねていた前作『中央大陸の戦い』と比べるとさすがに設定・物語はしっかりし…

『妖怪道中記』1988年/ファミコン

『妖怪道中記』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ナムコ かわいいグラフィックとかわいくない難易度、テクノなサウンドが特徴の横スクロールアクション。お金の概念や各種ミニイベントなど、アドベンチャー的な要素も豊富。 可能な…

『熱血格闘伝説』1992年/ファミコン

『熱血格闘伝説』 1992年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社テクノスジャパン 本編でも「ダウンタウン」シリーズでも「○○部」シリーズでもない、『くにおくん』シリーズの番外的な作品。キャラクターをエディットしてひたすら戦い、バトル…

『スーパーマン』1987年/ファミコン

『スーパーマン』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アクションアドベンチャー/コトブキシステム株式会社 キャラクターデザインをいしかわじゅん、プロデューサーを柏村武昭(「お笑いマンガ道場」の司会者)、シナリオを木崎徹(「夜のヒットスタジオ」の…

『グレートタンク』1988年/ファミコン

『グレートタンク』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/シューティング/株式会社エス・エヌ・ケイ アーケード版『T.A.N.K.』の移植作。『T.A.N.K.』の続編である『怒』よりも後の移植となったが、そのぶん操作感はしっかり見直されている。ファミコン版…

『仮面ライダー俱楽部』1988年/ファミコン

『仮面ライダー俱楽部』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/アクションRPG/株式会社バンダイ クソゲーとして名高い1本。世界観や設定が完全に原作無視なのはまあいいとして、クリアさせる気が無いデタラメなゲームバランス、ストレスしか溜まらない操作…

『水晶の龍』1986年/ディスクシステム

『水晶の龍(ドラゴン)』 1986年発売/ファミリーコンピュータディスクシステム/アドベンチャー/DOG(株式会社スクウェア) ビジュアル面への特化とこだわりが特徴のテキストアドベンチャーで、グラフィックは同年代のアドベンチャーゲームと比べてもなかなか…

『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』1986年/ファミコン

『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクションRPG/株式会社ナムコ 後にナムコの看板キャラクターとなるワルキューレのデビュー作。謎解きが基本ノーヒントで、攻略本が無ければクリア不可能と言われるほど難しい。開…

『エジプト』1991年/ファミコン

『エジプト』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/パズル/ヒューマン株式会社 8×8マスのフィールドに散らばる「お宝」をすべて消すことが目的のパズル。フィールド上の矢印パネルを踏むと、その方向に列が1マスずれる仕組み。お宝は同じ種類のものを縦か…

『F1サーカス』1992年/ファミコン

『F1サーカス』 1992年発売/ファミリーコンピュータ/レース/日本物産株式会社 PCエンジンで大ヒットを飛ばしたシリーズの移植作。オリジナル版の持ち味だったスピード感は少々薄れてしまったが、それでもファミコンのレースゲームの中ではなかなかの臨場…

『電撃ビッグバン!』1989年/ファミコン

『電撃ビッグバン!』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ビック東海 クセの強いタイトルが多いビック東海製のゲームの中ではなかなかの佳作。終始軽いノリで進むコミックボンボンテイストのストーリーはともかくとして、多彩なアク…

『風雲たけし城二』1988年/ファミコン

『風雲たけし城二(ツー)』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社バンダイ 『突撃! 風雲たけし城』の試練(ミニゲーム)をほぼ一新した続編。難易度も見直されており、ラスボスのたけしが弱体化され普通にクリアできる程度になった。前作…

『スーパースプリント』1991年/ファミコン

『スーパースプリント』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/レース/株式会社アルトロン アタリ製のトップビューレースゲーム。なんとコースが1画面に収まる長さしかなく、ちっちぇ~マシンがぐるぐるコースを周回している様はミニ四駆レースを見ているか…

『ニューヨーク・ニャンキーズ』1991年/ファミコン

『ニューヨーク・ニャンキーズ』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社アトラス 原作カートゥーンがあるのかと勘違いしそうな、雰囲気バツグンの横スクロールアクション。イラストはメガテンシリーズでおなじみの金子一馬が手掛けてい…

『中国占星術』1988年/ファミコン

『中国占星術』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/その他/株式会社ジャレコ その名の通りの占いソフト。恋愛運・金運・仕事運はもちろん、日々の占いだけでなく月単位・年単位で占うことも可能。セーブ機能はないので毎回自分の生年月日を入力するのが…

『超人ウルトラベースボール』1989年/ファミコン

『超人ウルトラベースボール』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/スポーツ/株式会社カルチャーブレーン パッと見はよくある野球ゲームながら「必殺技」の概念を取り入れた超人野球。ポイントを消費することで魔球、ウルトラ打法、ウルトラ守備の必殺技…

『まじかる☆タルるートくん2 まほうだいぼうけん』1992年/ファミコン

『まじかる☆タルるートくん2 まほうだいぼうけん』 1992年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社バンダイ 前作はギリギリクリアできる絶妙にスリリングな難易度、多彩な魔法・アイテムを駆使して進んでいく楽しさがあったのだが、今回はギリギ…