レトロゲームの説明書保管庫

所持しているゲームの説明書を気ままに載せていきます。

ファミコン-ま行

『迷宮組曲 ミロンの大冒険』1986年/ファミコン

『迷宮組曲 ミロンの大冒険』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ハドソンソフト 探索要素の充実したアクション。ステージ中にはゴールの扉やカギ、コインやハニカム(ライフ最大値アップ)、ボーナスステージやアイテムが買えるショッ…

『マルサの女』1989年/ファミコン

『マルサの女』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/アドベンチャー/株式会社カプコン 伊丹十三監督の日本アカデミー賞受賞作「マルサの女」をゲーム化。国税局査察官、通称“マルサ”となって脱税企業を調査するという設定はアドベンチャーゲームとしては…

『麻雀大会』1989年/ファミコン

『麻雀大会』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/テーブルゲーム/株式会社光栄 2000年代後期まで続いたロングランシリーズ『麻雀大会』のファミコン版(1作目はPC98)で、『麻雀悟空』シリーズ等を出したシャノアールの思考ルーチンを使用している。対戦相…

『麻雀大戦』1992年/ファミコン

『麻雀大戦』 1992年発売/ファミリーコンピュータ/テーブルゲーム+RPG/日本物産株式会社 戦闘が麻雀になったRPGという特に珍しくもないアイデアだが、同種のゲームが「麻雀のオマケにRPGモードがある」程度なのに対し、かなりガチにRPGを作り込んでいる…

『麻雀家族』1987年/ディスクシステム

『麻雀家族』 1987年発売/ファミリーコンピュータディスクシステム/テーブルゲーム/株式会社アイレム 「ロボットの父親・母親・子供を相手に麻雀を打ち、得意げな顔をする成人男性」という未来社会の病理みたいなパッケージが目を惹くが、内容はごく普通…

『目指せパチプロ パチ夫くん』1987年/ファミコン

『目指せパチプロ パチ夫くん』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/シミュレーション/株式会社ココナッツ・ジャパン 怪宇宙人のパチ夫くんが、全国各地のパチンコ店の台を次々打ち止めにしていくというSF侵略シミュレーション。RPGのように店内を歩いて…

『マイティボンジャック』1986年/ファミコン

『マイティボンジャック』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/テクモ株式会社 主人公・ジャックを操作してピラミッドを探索する横スクロールアクション。各ラウンドの通路の奥にある扉に入ると、固定画面のパズル面「王家の部屋」に突入。王…

『燃えろ!! プロテニス』1988年/ファミコン

『燃えろ!! プロテニス』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/スポーツ/株式会社ジャレコ 『燃えろ!! プロ野球』に続く、ジャレコの「燃えろ!!」シリーズの1本。グラフィックがリアルな一方、操作感が他のテニスゲームとは異なるので慣れを要する。とは言…

『みんなのたあ坊のなかよし大作戦』1991年/ファミコン

『みんなのたあ坊のなかよし大作戦』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/アクションパズル/株式会社キャラクターソフト ファミコン後期に出ているサンリオ系ゲームは、ファンシーな見た目に反してしっかりゲーム性が練られていて普通に楽しめるものが多…

『MOTHER』1989年/ファミコン

『MOTHER』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/RPG/任天堂株式会社 時代を経て多数の作品に影響を及ぼしているという意味では「真のカルト作品」であろう。 「エンディングまで、泣くんじゃない」というキャッチコピー(これは糸井重里の手によるものでは…

『魔鐘』1986年/ファミコン

『魔鐘』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクションRPG/アイレム販売株式会社 魔物を集めるという7つの鐘を破壊し、国に平和を取り戻すためマイヤー王子が今旅立つ! というお話。ゲーム内容自体は「不親切なゼルダ」といった感じで、パスワードで再…

『桃太郎電鉄』1988年/ファミコン

『桃太郎電鉄』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/ボードゲーム/株式会社ハドソンソフト 今や元ネタであるRPG『桃太郎伝説』よりも知名度・作品数で勝る大ヒットシリーズとなったボードゲームの第1作。1年が春夏秋冬の4フェイズのみ、貧乏神がいない、…

『水島新司の大甲子園』1990年/ファミコン

『水島新司の大甲子園』 1990年発売/ファミリーコンピュータ/スポーツ/株式会社カプコン コマンド選択方式で試合が進む、シミュレーション要素の強い野球ゲーム。一歩間違えば大駄作になりそうなリスキーなシステムだが、『ドカベン』『大甲子園』で活躍…

『まじかる☆タルるートくん2 まほうだいぼうけん』1992年/ファミコン

『まじかる☆タルるートくん2 まほうだいぼうけん』 1992年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社バンダイ 前作はギリギリクリアできる絶妙にスリリングな難易度、多彩な魔法・アイテムを駆使して進んでいく楽しさがあったのだが、今回はギリギ…

『まじゃべんちゃー 麻雀戦記』1990年/ファミコン

『まじゃべんちゃー 麻雀戦記』 1990年発売/ファミリーコンピュータ/テーブルゲーム/株式会社徳間書店 「モンスターの女の子が毛皮を脱ぐ」というコーナーギリギリを攻める離れ業で、ファミコン唯一の脱衣麻雀の地位を確立した(のか?)。原作はPC-8801 の…

『麻雀』1983年/ファミコン

『麻雀』 1983年発売/ファミリーコンピュータ/テーブルゲーム/任天堂株式会社 ファミコン初の麻雀ゲームであり、日本でもっとも売れた(200万本以上)麻雀ゲーム。シンプルな二人打ちで対戦モードはおろかBGMすら無いが、当時は家庭で麻雀ゲームが遊べると…

『燃えろ!!プロ野球』1987年/ファミコン

『燃えろ!!プロ野球』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/スポーツ/株式会社ジャレコ リアルな等身、合成ボイスの収録等で他の野球ゲームと一味違う臨場感を出していたミリオンヒット作。ゲーム部分は少々雑で「バントでホームラン」がよくやり玉にあげ…

『森田将棋』1987年/ファミコン

『森田将棋』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/テーブルゲーム/株式会社セタ ファミコン初のバッテリーバックアップ搭載ソフトとして有名な将棋ソフト。作りはシンプルなものの、2人対戦に棋譜の保存、詰将棋を解いてくれるモードなど、中身自体はなか…

『メタルマックス』1991年/ファミコン

『メタルマックス』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/データイースト株式会社 文明崩壊後の世界を舞台に、戦車を駆って賞金首どもをブチ倒すモンスターハンターとなってやりたい放題できる革新的RPG。説明書は全64ページの超ボリュームで、後半は戦車関…

『魔塔の崩壊』1988年/ディスクシステム

『魔塔の崩壊』 1988年発売/ファミリーコンピュータディスクシステム/アクション/ボーステック株式会社 Amazonにページが無いほどのドマイナー作品。成長要素のある探索型アクションで、『悪魔城ドラキュラ』の影響がそこかしこに見えるが、わりと丁寧に…

『まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD!!』1991年/ファミコン

『まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD!!』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社バンダイ 江川達也先生がまだ面白かったころの代表作を、秀逸なアクションと原作理解の深い世界観で見事にゲーム化。基本的に敵に当たると一撃死な…

『マインドシーカー』1989年/ファミコン

『マインドシーカー』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/アドベンチャー/株式会社ナムコ 「透視能力や念力を鍛えてキミも超能力者になろう」という触れ込みで、タチの悪い運ゲーに延々挑まされる名作。説明書は特色が使われており、キラキラ光って綺麗…

『燃える!お兄さん』1989年/ファミコン

『燃える!お兄さん』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/東宝株式会社 ゲームを始めるたびに運ゲー(サイコロ博打)に挑戦させられ、そこで勝つとゲームオーバーになってタイトルに戻されてしまう前代未聞の仕様。一発ネタとしてはともかく、…