レトロゲームの説明書保管庫

所持しているゲームの説明書を気ままに載せていきます。

ファミコン-は行

『必殺仕事人』1990年/ファミコン

『必殺仕事人』 1990年発売/ファミリーコンピュータ/アドベンチャー/株式会社バンプレスト コアな人気を誇る時代劇シリーズを、バンプレストお得意のSDキャラ化(これがけっこう似ている)したアドベンチャー。キャラデザやRPG風の画面などを見ると低年齢層…

『パラメデスⅡ』1991年/ファミコン

『パラメデスⅡ』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/パズル/株式会社ホット・ビィ 前作『パラメデス』と異なり、「上から降りてくるダイスを狙い撃つ」形から「下からせりあがってくるダイスを撃ち出す」形に変化。消したダイスをストックしておく役ウィ…

『ボンバーキング』1986年/ファミコン

『ボンバーキング』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ハドソンソフト 爆弾で壁を壊してアイテムを回収しながら進んでいく面クリ型のアクション。ただ爆弾が有限なうえに使いにくく、敵がわんさか湧いてくるうえ、主人公のライフは…

『パックマン』1984年/ファミコン

『パックマン』 1984年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ナムコ 1980年に大ヒットを飛ばしたアーケードゲームの移植版。シンプルかつ熱中性の高いシステム、ファニーで親しみやすいキャラクターが老若男女問わず大いに受け、ナムコがゲー…

『ヒットラーの復活 TOP SECRET』1988年/ファミコン

『ヒットラーの復活 TOP SECRET』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社カプコン アーケード版『トップシークレット』を大幅にアレンジ、「ワイヤーアクション」というジャンルを確立した一作。主人公のラッド・スペンサーはワイヤーを…

『飛龍の拳 奥義の書』1987年/ファミコン

『飛龍の拳 奥義の書』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社日本ゲーム 敵の弱点や、敵が狙っている己の部位を視認することができる「心眼」システムが特徴の対戦アクション。相手の攻撃をいなしつつ弱点を突いて逆転、というカンフー…

『ファイナルファンタジー』1987年/ファミコン

『ファイナルファンタジー』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/RPG/株式会社スクウェア 当時あまりパッとしなかったスクウェアが「これがファイナル」と背水の陣で制作したRPG(諸説あり)。1作目から高い評価を受け、結果として同社を代表する大ヒットシ…

『香港』1990年/ディスクシステム

『香港』 1990年発売/ファミリーコンピュータディスクシステム/パズル/株式会社徳間書店 積み上げられた麻雀牌を東・南・西・北・白・發・中の順に取っていく、という簡単ルールのパズル。牌を支える2つの牌を先に取ってしまうと崩れてしまいミスとなる。…

『ファイヤーロック』1988年/ディスクシステム

『ファイヤーロック』 1988年発売/ファミリーコンピュータディスクシステム/アクション/株式会社ユース ディスクシステムのアクションゲームの中でもドマイナーな部類。舞台は遥か未来世界、原始人にしか見えない主人公が壁にしがみつき、タイマツをブン…

『ひらけ! ポンキッキ』1992年/ファミコン

『ひらけ! ポンキッキ』 1992年発売/ファミリーコンピュータ/その他/株式会社タカラ フジテレビの子供向け番組をモチーフにした幼児向け教育ソフト。ちなみに本作が発売された翌年に「ひらけ! ポンキッキ」は終了し「ポンキッキーズ」にリニューアルさ…

『フリップル』1989年/ファミコン

『フリップル』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/パズル/株式会社タイトー プニプニした主人公が、同じ絵柄のブロックをぶつけて消していくパズル。ストーリーやシチュエーションの説明が一切無いので、主人公が何者で、なんの目的でこんなことをして…

『ファザナドゥ』1987年/ファミコン

『ファザナドゥ』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アクションRPG/株式会社ハドソン 「原作の『ザナドゥ』と全然別物」「関連性が全くないことで有名なマル超シリーズの第2弾」「なぜかマル超シリーズ第3弾の『桃太郎伝説』より発売が後」「別モン過ぎ…

『バナナン王子の大冒険』1991年/ファミコン

『バナナン王子の大冒険』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社タカラ 原作はデラックスボンボンの同名漫画(作・水越かりん)。原作というよりは、ゲーム化前提の今で言うクロスメディア展開だったのだろう。残念ながら単行本は出て…

『ピーパータイム』1990年/ファミコン

『ピーパータイム』 1990年発売/ファミリーコンピュータ/パズル/サンリツ電気株式会社 道が描かれたタイルをカーソルで選んで入れ替えつつ、時間内に「ピーパー君」をゴールに導く。懐かしの知育玩具「チクタクバンバン」を彷彿とさせるシンプルなアクシ…

『彷魔が刻』1988年/ファミコン

『彷魔が刻』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/東宝株式会社 「逢魔が時(おうまがとき)」ではなく「彷魔が刻(ほうまがとき)」。古典的な怪奇ミステリ小説「ジーキル博士とハイド氏」をどう考えても向いていない横スクロールアクションゲーム化…

『ポケットザウルス 十王剣の謎』1987年/ファミコン

『ポケットザウルス 十王剣の謎』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社バンダイ キャラクター文房具「ポケットザウルス」とのタイアップで、バンダイのゲーム名人「橋本名人」がパワースーツを着た恐竜・ハシモトザウルスとなって活躍…

『ベースボール』1983年/ファミコン

『ベースボール』 1983年発売/ファミリーコンピュータ/スポーツ/任天堂株式会社 ファミコン最初の野球ゲーム。今遊ぶとさすがに物足りない部分もあるが、投打はもちろん変化球にバント、盗塁に牽制球といった操作もすでにこの作品で完成しており、あらゆ…

『必殺道場破り』1989年/ファミコン

『必殺道場破り』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/シグマ商事株式会社 道場の師範となって他の流派の道場に殴り込みに行き、武道界の統一を目指すという成長・シミュレーション要素もあるアクションゲーム。道場破りに成功すればその流派…

『プロ野球?殺人事件!』1988年/ファミコン

『プロ野球?殺人事件!』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/アドベンチャー/株式会社カプコン 人気プロ野球選手「っぽい人たち」が登場する推理アドベンチャー(なのでタイトルにも?が付いている)。野球はもちろん、シューティング風ミニゲームやRPG的…

『光の戦士フォトン 惑星ゾルディアスの戦い』1987年/ファミコン

『光の戦士フォトン 惑星ゾルディアスの戦い』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社タカラ 3Dダンジョンが舞台の探索型アクションシューティングという、ありそうで見たことのない斬新な組み合わせだが、正直なところかなり厳しい出来…

『バイオ戦士DAN インクリーザーとの闘い』1987年/ファミコン

『バイオ戦士DAN インクリーザーとの闘い』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ジャレコ 多彩な武器やアイテムで主人公を強化していく楽しみ、理不尽過ぎない適切な難易度設定など、探索型アクションの醍醐味をていねいに作り込んだ…

『プロ野球ファミリースタジアム』1986年/ファミコン

『プロ野球ファミリースタジアム』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/スポーツ/株式会社ナムコ 実はファミコンの野球ゲームとしては『ベースボール』以来のタイトルとなる。選手の交代、選手ごとの個性の追加、守備の強化など『ベースボール』で省略さ…

『ファミコンジャンプ 英雄列伝』1988年/ファミコン

『ファミコンジャンプ 英雄列伝』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/アクションRPG/株式会社バンダイ 週刊少年ジャンプ20周年記念作品。バトル漫画にギャグ漫画、スポーツ漫画に恋愛漫画、グルメ漫画に青春漫画にSF漫画に動物漫画と、あらゆるジャンル…

『ぷよぷよ』1993年/ファミコン

『ぷよぷよ』 1993年発売/ファミリーコンピュータ/パズル/株式会社徳間書店 当時、ほぼすべてのコンシューマ機に移植されていた名作パズル。有名過ぎて特に言うこともないのだが、ファミコン版(と、ディスクシステム版)はアルルをはじめとするキャラの出…

『パラソルヘンべえ おとぎの国は大さわぎ!』1991年/ファミコン

『パラソルヘンべえ おとぎの国は大さわぎ!』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社エポック社 きれいな藤子不二雄A作品のゲーム化。ヘンべえのトレードマークであるパラソルを最大限に活用した様々なアクションがウリ。ターゲット層…

『パラメデス』1990年/ファミコン

『パラメデス』 1990年発売/ファミリーコンピュータ/パズル/株式会社ホット・ビィ 少々マイナー感のあるパズルゲームだが、面白いぞ。ゆっくり落ちてくるサイコロに、同じ目のサイコロをぶつけて消していくのが基本ルール。消したサイコロはストックされ…

『バツ&テリー 魔境の鉄人レース』1987年/ファミコン

『バツ&テリー 魔境の鉄人レース』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ユース 野球+不良バトル漫画である原作が、なぜか鉄人レースが舞台の横スクロールアクションに。操作性、グラフィック、BGMのすべてがアクションの爽快感を台…

『プロレス』1986年/ディスクシステム

『プロレス』 1986年発売/ファミリーコンピュータディスクシステム/スポーツ/任天堂株式会社 十字ボタンとA・Bボタンの組み合わせで多彩な技を繰り出せる。日米ともにかなり売れたソフトだが、最近Switch Onlineに収録されるまでまったく移植されていなか…

『突撃!風雲たけし城』1987年/ファミコン

『突撃!風雲たけし城』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社バンダイ 『Wii Fit アドベンチャー』の元祖と言い張っても2割くらいは騙されそうなドタバタ周辺機器「ファミリートレーナー」対応の1本。足で操作するコントローラーを使…

『プーヤン』1985年/ファミコン

『プーヤン』 1985年発売/ファミリーコンピュータ/シューティング/株式会社ハドソンソフト ブタのおっかさんが子ブタを助けるため、オオカミの群れを相手に弓矢を持ち出しワンマンアーミーと化すド根性シューティング。風船につかまってやって来るオオカ…