レトロゲームの説明書保管庫

所持しているゲームの説明書を気ままに載せていきます。

ファミコン-さ行

『真田十勇士』1988年/ファミコン

『真田十勇士』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/RPG/コトブキシステム株式会社 シミュレーション要素のある時代物RPG。真田幸村となって十勇士たちを仲間にし、徳川家康の打倒を目指す。十勇士は性能的にもわかりやすくキャラ付けされており、ゲーム…

『スター・ウォーズ』1991年/ファミコン

『スター・ウォーズ』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/ビクター音楽産業株式会社 エピソードⅣのストーリーを忠実になぞっており、探索型のアクションとシューティング面をこなしつつ物語が進んでいく。ルークのほかハン・ソロ、レイアも操…

『スターウォーズ』1987年/ファミコン

『スターウォーズ』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ナムコ すでに映画1作目のエピソードⅣの上映から10年経過していながら、原作を大胆に無視した謎ゲーが生まれてしまった。完全にパラレルな世界なのだが、改変する意味と意図が…

『サラダの国のトマト姫』1988年/ファミコン

『サラダの国のトマト姫』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/アドベンチャー/株式会社ハドソン 野菜たちが暮らす王国のキュウリ戦士となり、カボチャ大王にさらわれたトマト姫を助け出すため旅に出る…というメルヘンなアドベンチャー。実はパソコン版の…

『上海』1987年/ファミコン

『上海』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/パズル/サン電子株式会社 積み上げられた麻雀牌を、同じ絵柄を揃えて消していく。消せるのは端にあるもの、かつ上に他の牌が乗っていないもののみ。基本的なルールはこれだけで、シンプルながら中毒性の高い…

『魁!! 男塾 疾風一号生』1989年/ファミコン

『魁!! 男塾 疾風一号生』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社バンダイ 原作の熱さというか暑苦しさ、理不尽な難敵・強敵をしっかり再現した結果、異様な雰囲気と難易度を誇るバカゲーになってしまったが、男塾のゲームとしては大正…

『スーパーチャイニーズ』1986年/ファミコン

『スーパーチャイニーズ』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ナムコ 固定画面の見下ろし型ステージで、襲い来る敵たちをカンフー技で倒していくアクションゲーム。後にシリーズ化されるが、この1作目はまったく作風が異なる。 基本…

『スーパーラグビー』1989年/ファミコン

『スーパーラグビー』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/スポーツ/ティーエスエス株式会社 意外なことに、ファミコンでは唯一のラグビーゲーム(アメフトのゲームは大量に出ている)。ちなみにスーパーファミコンで同名のソフトがトンキンハウスから出…

『スカイキッド』1986年/ファミコン

『スカイキッド』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/シューティング/株式会社ナムコ 右から左方向に進む、ちょっと珍しいシューティング。自機は複葉機で、上昇・下降した際に機体が傾くことを利用し、斜め上や斜め下に弾を撃つことが可能。宙返りで敵…

『将軍』1988年/ファミコン

『将軍』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/シミュレーション/株式会社ヘクト 混迷の戦国時代で名をあげ、将軍を目指すRPG風のシミュレーション。大名に武士、奥方に農民に猟師に僧侶に悪漢と、さまざまな40人のキャラクターから1人を主人公として選択…

『頭脳戦艦ガル』1985年/ファミコン

『頭脳戦艦ガル』 1985年発売/ファミリーコンピュータ/シューティング/デービーソフト株式会社 どう見てもシューティングなのにメーカーが「スクロールロールプレイングゲーム」を自称していたり、BGMがヘタクソ過ぎてすぎやまこういちに苦言を呈されたり…

『さんまの名探偵』1987年/ファミコン

『さんまの名探偵』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/アドベンチャー/株式会社ナムコ キャラゲー以上に当たり外れが大きい、というかほぼハズレしかない印象のタレントゲームの中でも随一の出来を誇る名作。テキストアドベンチャーのハードルを可能な…

『サンサーラ・ナーガ』1990年/ファミコン

『サンサーラ・ナーガ』 1990年発売/ファミリーコンピュータ/RPG/ビクター音楽産業株式会社 押井守が監督・シナリオを、桜玉吉がキャラクターデザインを担当したRPG。主人公は竜使いでありレベルは一切上がらず、卵から孵したチビ竜を育てていくことにな…

『聖飢魔Ⅱ 悪魔の逆襲!』1986年/ファミコン

『聖飢魔Ⅱ 悪魔の逆襲!』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社CBS・ソニー デーモン閣下がお金やリンゴを集めつつ、ゼウスに囚われたメンバーを救出していく探索アクション。緊張感のない敵やアイテム、気の抜けた音楽のせいでクソゲ…

『スプラッターハウス わんぱくグラフィティ』1989年/ファミコン

『スプラッターハウス わんぱくグラフィティ』 1989年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ナムコ 呪いのマスクを身に付けて怪人となった主人公が、自分以上のバケモノ連中を鉈や斧で惨殺していく陰鬱なホラーアクションをコミカルにアレンジ…

『第2次スーパーロボット大戦』1991年/ファミコン

『第2次スーパーロボット大戦』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/シミュレーション/株式会社バンプレスト ロボットだけでなくパイロットも登場し、作品間を越えたクロスオーバーのシナリオ繰り広げる…という意味では実質的に『スパロボ』シリーズ最初…

『ザ・トライアスロン』1988年/ファミコン

『ザ・トライアスロン』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/スポーツ/ケイ・アミューズメントリース株式会社 水泳と自転車はともかくマラソンをゲーム化しても全然面白くないことに企画段階で気づかなかったらしく、「ジャンプで穴や地雷を飛び越えろ!…

『スーパーピットフォール』1986年/ファミコン

『スーパーピットフォール』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社ポニーキャニオン ヒゲのおっさんが片手を振り上げてジャンプする姿はどう見てもマリオ。触れただけで一撃死する敵が厭らしい動きでウロチョロしているうえ、事前に知…

『サーカス・チャーリー』1986年/ファミコン

『サーカス・チャーリー』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/ソフトプロ株式会社 ピエロのチャーリーを操作して、火の輪くぐりや玉乗り、空中ブランコといったサーカスの演目に挑戦していくアクションゲーム。アーケードの移植作品(アーケー…

『スーパーピンボール』1988年/ファミコン

『スーパーピンボール』 1988年発売/ファミリーコンピュータ/テーブルゲーム/株式会社ココナッツジャパン タイトルやパッケージを見た限りでは普通のピンボールにしか見えないのだが、実は「麻雀とピンボールの合体」という斬新なことをやっている。とは…

『スーパーアラビアン』1985年/ファミコン

『スーパーアラビアン』 1985年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/サン電子株式会社 アーケード版『アラビアン』の移植作品。アラビアンな雰囲気ばっちりのBGMはともかく、よくわからないルール、よくわからない敵、よくわからないジャンプ挙動のお…

『スパルタンX』1985年/ファミコン

『スパルタンX』 1985年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/任天堂株式会社 ジャッキー・チェン主演映画のゲーム化作品だが「トーマスという名の主人公がさらわれたシルビアを助けに行く」ことくらいしか関連性がない。なにげに任天堂発売ソフトであ…

『スクーン』1986年/ファミコン

『スクーン』 1986年発売/ファミリーコンピュータ/シューティング/アイレム販売株式会社 自機の潜水艦・スクーン号を操作して海底を進む横シューティング。敵は海棲宇宙人オトト星人であり、オトト星人にさらわれた人を救出して海上のひょうたん島に送り…

『JUJU伝説』1991年/ファミコン

『JUJU伝説』 1991年発売/ファミリーコンピュータ/アクション/株式会社タイトー 「口から弾を吐くブサイクな猿に姿を変えられた主人公が、ヘルメットやスニーカーでパワーアップしながら魔王を倒す旅に出る」という、午前4時に出たアイデアを全て詰め込ん…

『ゾイド 中央大陸の戦い』1987年/ファミコン

『ゾイド 中央大陸の戦い』 1987年発売/ファミリーコンピュータ/RPG/東芝EMI株式会社 ゾイド初のゲーム化作品で、主人公はゴジュラス。ゴジュラスに搭乗した兵士ではなく「ゴジュラスそのもの」という世界観です(メスのゴジュラスも出てくる)。雰囲気にそ…

『ソンソン』1984年/ファミコン

『ソンソン』 1984年発売/ファミリーコンピュータ/シューティング/株式会社カプコン 孫悟空の孫・ソンソンと猪八戒の孫・トントンがさらわれた仲間を救出するため旅立つシューティング。アーケード版をわりかし忠実に再現しており、説明書でも「ゲームセ…