レトロゲームの説明書保管庫

所持しているゲームの説明書を気ままに載せていきます。

ニンテンドウ64-あ行

『エクストリームG』1998年/ニンテンドウ64

『エクストリームG』 1998年発売/ニンテンドウ64/レース/株式会社アクレイムジャパン テクノトランスをBGMに、近未来のコースをトロンバイクで疾走していくハイスピードレースゲーム。パッと見は『F-ZERO』をバイクに変えただけに見えるが、全バイクに武…

『ウエーブレース64』1996年/ニンテンドウ64

『ウエーブレース64』 1996年発売/ニンテンドウ64/レース/任天堂株式会社 水上スキーならではの独特の挙動と疾走感を、3Dスティック操作で見事に再現したレースゲーム。水面・波の表現をはじめグラフィックは今でも見劣りしない出来で、繰り返し遊べる工…

『エキサイトバイク64』2000年/ニンテンドウ64

『エキサイトバイク64』 2000年発売/ニンテンドウ64/レース/任天堂株式会社 3D化した『エキサイトバイク』の続編。システムは大幅に変わっているもの、ジャンプ後の姿勢制御が肝心な点、TEMPメーターがある点、エディットモードがある点など、ファミコン…

『おねがいモンスター』1999年/ニンテンドウ64

『おねがいモンスター』 1999年発売/ニンテンドウ64/シミュレーションRPG/株式会社ボトムアップ パッと見は『ポケモン』フォロワーのRPGのように見えるが、どちらかと言うとシミュレーション要素が強めで『モンスターファーム』のほうが近いかもしれない…

『栄光のセントアンドリュース』1996年/ニンテンドウ64

『栄光のセントアンドリュース』 1996年発売/ニンテンドウ64/スポーツ/株式会社セタ 64で最初に発売されたゴルフゲームであり、ゴルフの聖地と呼ばれるセントアンドリュース・オールドコースを再現しているのがウリ。逆に言えばそれくらいしかウリがなく…

『エアーボーダー64』1998年/ニンテンドウ64

『エアーボーダー64』 1998年発売/ニンテンドウ64/スポーツ/ヒューマン株式会社 空中に浮いたボードを使った近未来スケートボードゲーム。空中に浮いているためか壁を垂直に登っていくことも可能で、コース内の見えている範囲ならけっこういろんな場所に…

『悪魔城ドラキュラ黙示録』1999年/ニンテンドウ64

『悪魔城ドラキュラ黙示録』 1999年発売/ニンテンドウ64/アクションアドベンチャー/コナミ株式会社 3Dアクション要素をプラスした初のシリーズ作品。あまりよろしくないカメラ視点、そのおかげで踏み外しが多いやや意地悪な地形など、いろいろとこなれて…

『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー 電流イライラ棒』1997年/ニンテンドウ64

『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー 電流イライラ棒』 1997年発売/ニンテンドウ64/アクション/株式会社ハドソン 90年代後期に放送されていたテレ朝のバラエティ番組、「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー これができたら100万円!」の名物…

『ウィンバック』1999年/ニンテンドウ64

『ウィンバック』 1999年発売/ニンテンドウ64/シューティング/株式会社コーエー コーエーから突如発売されたTPS。翌年にPS2で突如リメイク移植され、2作目もPS2でのみ突如リリースされた。64版はNintendo Switch Onlineでも突如配信されているので手に取…

『エアロゲイジ』1997年/ニンテンドウ64

『エアロゲイジ』 1997年発売/ニンテンドウ64/レース/株式会社アスキー 立体的なコースを超高速で走るSFレースゲーム。『F-ZERO X』に近い雰囲気だが、本作の方が早く発売されている。スピード感や操作性は悪くなく、BGMも良質で、完成度の高さも引けを取…

『ウェットリス』1998年/ニンテンドウ64

『ウェットリス』 1998年発売/ニンテンドウ64/パズル/イマジニア株式会社 水をテーマにした落ちものパズル。3Dのフィールドで地形を盛り上げたり削ったりして囲いを作り、定期的に降ってくる水をこぼさないように溜めつつ、たまに降ってくるファイアで蒸…

『イギーくんのぶらぶらぽよん』1998年/ニンテンドウ64

『イギーくんのぶらぶらぽよん』 1998年発売/ニンテンドウ64/アクション/株式会社アクレイムジャパン 気色の悪い生首キャラがボヨンボヨン跳ねながら触手を伸ばし、ミニ四駆のコースみたいな構造の塔を登っていくという奇怪ゲー。要はレース要素の強いア…

『F-ZERO X』1998年/ニンテンドウ64

『F-ZERO X』 1998年発売/ニンテンドウ64/レース/任天堂株式会社 一言で言えば傑作。シリーズ2作目にして超絶進化を果たし、完成形に近いレベルにまで到達してしまった『F-ZERO』7年ぶりの続編。立体感のあるコースを60fpsで疾走する爽快感、総勢30名が搭…