レトロゲームの説明書保管庫

所持しているゲームの説明書を気ままに載せていきます。

ニンテンドウ64-ま行

『マジカルテトリスチャレンジ featuring ミッキー』1998年/ニンテンドウ64

『マジカルテトリスチャレンジ featuring ミッキー』 1998年発売/ニンテンドウ64/パズル/株式会社カプコン 対戦要素をより強めた『テトリス』で、当時アーケード版でも展開されていたもの。2ライン以上同時に消すと相手に5マスの「おじゃまピース」を送り込…

『マルチレーシングチャンピオンシップ』1997年/ニンテンドウ64

『マルチレーシングチャンピオンシップ』 1997年発売/ニンテンドウ64/レース/イマジニア株式会社 64では特に珍しくもない3Dレースゲーム。コース中に分岐があるのがウリらしいが、それも別に珍しくはなく、全部で3コースしかないのでボリュームもあまり感…

『ミッキーのレーシングチャレンジUSA』2001年/ニンテンドウ64

『ミッキーのレーシングチャレンジUSA』 2001年発売/ニンテンドウ64/レース/任天堂株式会社 レア社開発のレースゲームで、基本システムは同社の『ディディーコングレーシング』を踏襲している。わざわざタイトルにUSAと付いているだけあって、各コースは…

『麻雀MASTER』1996年/ニンテンドウ64

『麻雀MASTER』 1996年発売/ニンテンドウ64/テーブルゲーム/コナミ株式会社 3Dフルポリゴンの麻雀ゲーム。対戦相手の顔もフルポリゴンで、微妙な表情の変化によって手の内を察することができる(らしい)。牌も当然ポリゴンであり、ツモるたびにものすごく…

『麻雀64』1997年/ニンテンドウ64

『麻雀64』 1997年発売/ニンテンドウ64/テーブルゲーム/株式会社光栄 シンプルなタイトルが潔い。麻雀には何気に造詣が深い光栄製なので安定の出来。プレイヤーは「麻雀大学」というツブシの利かなさそうな大学で4年を過ごすこととなり、様々なカリキュラ…

『マリオパーティ』1998年/ニンテンドウ64

『マリオパーティ』 1998年発売/ニンテンドウ64/バラエティ/任天堂株式会社 アクション性のあるミニゲームが多数収録されており、対戦プレイはいやおうなしに盛り上がる。シリーズ1作目ゆえゲームバランスは少々荒く、桃鉄のカードにあたる要素がないため…

『麻雀放浪記CLASSIC』1997年/ニンテンドウ64

『麻雀放浪記CLASSIC』 1997年発売/ニンテンドウ64/テーブルゲーム/イマジニア株式会社 数ある『麻雀放浪記』コミカライズ作品の中でも最高傑作である(と筆者は思っている)、井上高重作画のコミックス『麻雀放浪記CLASSIC』をゲーム化。この渋い題材をな…

『マリオストーリー』2000年/ニンテンドウ64

『マリオストーリー』 2000年発売/ニンテンドウ64/RPG/任天堂株式会社 マリオが主人公のRPG第2弾。キャラクターがペラペラな「ペーパーマリオ」の世界観が確立された1作でもある(海外では『Paper Mario』のタイトルで発売された)。クッパにさらわれたピー…